5月 葛飾教育の日

2022年5月14日

14日(土)は、葛飾教育の日。私は川端小と渋江小の授業を参観しました。

保護者の方は、密にならないように時間を配分し、グループごと順番に教室にて参観。限られた時間でも、子ども達はご家族に見守られ、元気に授業を受けている様子でした。

タブレットの活用はかなり進んでおり、お休みの子どもにはオンラインで授業を配信できるようになっている、とのこと。

地域コーディネーターの方が中心となり、生活科の時間に、お箸の持ち方を学ぶクラスもありました。

久しぶりの授業参観でした。廊下には子ども達の新聞や絵が、図工室の前には色とりどりの作品。さながらミニ美術館ですね😃学校は地域にとって、教育施設であり、文化施設でもあるな、と改めて感じます。

DSC_3694

㊗️入学式🌸

2022年4月7日

4月6日は区立小学校の、7日は区立中学校の入学式でした。

私は川端小と四ッ木中に伺いました。久しぶりの入学式。小学校では、校長式辞で絵本の読み聞かせを。真剣に聞いていて、一つ一つの呼びかけに、素直に元気いっぱい答えていて、こちらも自然に笑みがこぼれます。☺️元気に逞しく成長してほしい、と思った次第です。

四ッ木中では、3年生が式の受付や新入生の誘導などの役員を担っていて、頼もしい限りでした。歓迎の言葉も、新入生を温かく受け入れる最高学年としての自覚が感じられ、新しい学校生活に期待が高まりました。大きく成長されることを心より祈っています。

新入生の皆様、保護者の皆様、ご入学誠におめでとうございます‼️

DSC_3554

モンチッチ公園にモンチッチゾーンが完成!

2022年4月2日

本日はモンチッチ公園拡張部の完成記念式典が行われ出席。
6年前に開園したモンチッチ公園は、このたび中川に隣接する部分が拡張されモンチッチゾーンとして開園。

セキグチ様のご厚意で、モンチッチゾーンにはたくさんのモニュメントが設置され、ここでしか会えない陶器でできた「天使のモンチッチ」(陶像)もあります。
まさしく、世界で愛されている「モンチッチに会える場所」になりました🥰
新小岩駅東北広場からバスがありますので、モンチッチファンの方々、また新小岩を訪れた方々にもお越しいただきたいと思っています☺️

場所は西新小岩5丁目にあり、防災公園として、地域の方々の防災活動拠点としての役割を担っています。

DSC_3540

令和4年第1回区議会定例会

2022年3月31日

葛飾区議会令和4年第1回定例会が閉会。
(2月16日~3月30日の43日間)
今定例会では4月からの新年度予算について活発に審議され、賛成多数で可決されました。

令和4年度の一般会計当初予算は、2120億円となり、過去最大の予算編成となりました。新型コロナウイルス感染症対策や、災害対策、街づくり、健康・福祉、教育、子育てなどに予算配分されています。

私は福祉費、衛生費、環境費、都市整備費の予算審査の分科会で日頃の皆様からのお声をもとに、要望、提案を致しました。

新年度の事業について進捗状況を注視しつつ、区民サービスの向上に努めてまいりたいと思います。

また、このたび、「防災ママブック」が完成。スマホを使ってあかちゃんとママを守ります❗️
防災ママブックについて、私は平成28年第3回定例会の一般質問でその必要性を訴え提案し、以来平成30年、令和3年の予算審査の分科会でも作成を要望してきました。区では女性視点の防災について研修会を行うなど意見を集約し、時代のニーズを捉えた「防災ママブック」が完成しました❗️

新年度の事業として、家族介護者の夜間、休日の電話相談窓口が設置されます。私は区民の方のお声から、平成31年第1回定例会予算総括質疑で提案、更に令和2年の一般質問で早期設置を要望していました。

今後も皆様のお声を区政に届けて参ります‼️

要望がカタチに🙂

2022年3月20日

昨年12月、東立石にお住まいの方から、「中川の堤防道路に続く勾配のある道路のガードレールがかなり腐食している。道路幅も狭い上、ガードレールが錆び付いている。特に夜間には見えづらく危険なので、直してほしい」との声が寄せられました。

現場を確認すると、急勾配の坂道の両サイドに設置されたガードレールは茶色く錆びており、特に夜間は視認性が低くなる状況でした。

早速、道路補修課につなぎ、対策を検討して頂きました。時間がかかりましたが、ようやく改善が図られました。

㊗️区立中学校 卒業式㊗️(中川中学校)

2022年3月19日

18日は区立中学校の卒業式㊗️。私は中川中学の式典に出席させていただきました。コロナの影響で、ここ2年は学校に伺う機会がありませんでしたので、今日はとても嬉しい日となりました。

中川中は、名前の通り中川沿いにあり、お隣の墨田区のスカイツリーが間近に感じる場所に位置しています。(今日は残念ながら☁️🌧️で見えませんでした😶)

卒業生は72名。全員が進路を決めて、本日を迎えることができたそうです。㊗️
コロナの影響で多くの制約を受けた学校生活。その中を頑張り抜いた卒業生の立派な姿に心から感動。卒業生の皆さん、保護者の皆様、ご卒業、誠におめでとうございます‼️
希望の翼を広げて、大きく成長されゆくことを心よりお祈り致します✨

DSC_3466

ロシア連邦によるウクライナ侵攻の中止を求める決議

2022年3月14日

現在、令和4年第1回区議会定例会の会期中です。3月1日の本会議で、葛飾区議会として「ロシア連邦によるウクライナ侵攻の中止を求める決議」を採択しました。 今なお、施設が破壊され、多くの尊い命が失われ、ふるさとを追われなければならず、傷ついている現地の報道に、日々怒りを抑えることができません。武力による攻撃を一刻も早く中止すべきです。ロシア国民もこのウクライナ侵攻に異議を唱え、反対しているのです。両国民の安全が確保され、ウクライナの復興が早期に図られること強くを求めます。

パルフェスタ、立石安心フェア

2022年3月5日

暖かく春めいた今日は、男女平等推進センターまつり「パルフェスタ」(@ウィメンズパル)が、また、地域では立石五商店連合会と立石駅通り商店会主催で「立石安心フェア」(@立石駅前工事広場)が行われました。どちらも2年ぶりの開催です。コロナ禍の中、感染対策を講じ、規模を縮小して行われました。来場者はみなさん喜んでいらっしゃいました。

一方、世界では、ロシア軍の勢いを止めることができていません。何の罪もない方達が命を失い、今この瞬間も命の危険にさらされています。一刻を争う事態を前に、ただ心を寄せることしかできません。

パルフェスタのテーマは「ちがってもいい!わたしもあなたも認め合う社会を」です。そして立石安心フェアは、東日本大震災の復興支援のため今日まで継続しています。安全で安心な生活を送れることがどれほど幸せなことか、そして稀有なことか。身に染みます。

不幸を生み広げる戦争に対し断固反対することを、小さい声でも上げ続けていきたいと思います。

講演会「ヤングケアラーの現状と課題」

2022年2月13日

立石地区センター(勤労福祉会館)で行われた、ヤングケアラーの現状と課題をテーマにした講演会に参加しました。

講師は、一般社団法人ケアラーアクションネットワーク協会(CAN)の代表理事 持田恭子さん。ご自身もヤングケアラー、ケアラーの経験を持ち、そこからCANを立ち上げ、ケアラー支援に取り組んでおられます。

お話しを伺い、私が思っていたヤングケアラーのイメージが非常に偏っていたこと、ヤングケアラーとなった当事者には複雑な心情があり、そこに寄り添うことから必要な支援につながることなど、学ぶことができました。

ヤングケアラーとはどのような立場の人をいうのか、一番関わりが有りそうな地域社会の中でまだまだ認識不足であることをあらためて痛感しました。

講師が最後にお話しされた、大人は「子どもを希望に向かわせる義務がある」との言葉が印象的でした。子どもの未来をつくるために支援できるよう、区における体制整備に取り組んでまいりたいと思います。

全国学校給食週間~学校給食を食べてみよう~

2022年1月24日

広報かつしか 1月15日号に掲載された、例年行われている全国学校給食週間「学校給食を食べてみよう」の初日、区役所食堂にて本日のメニューを食べてきました☺️
(1日50食限定)

メニューは、スパゲティミートソース、「ぐりとぐら」のカステラ。

子ども達が小さい頃
何度も読み聞かせをしたぐりとぐら。カステラを焼くシーンは心が弾みました。メニューに釣られて~

カステラは懐かしい素朴なお味でした。😃
日替わりで28日まで実施しています。是非皆様にも知っていただきたい取り組みです✨

学校給食は、児童・生徒の健康や成長のために栄養バランスを考えて提供されています。今の子どもたちの成育環境にも触れることができると思います。私にとって給食メニューを通して自分の子ども時代を振り返る楽しい時間にもなりました。

「ぐりとぐら」のカステラ