2019年3月 月別アーカイブ

葛飾区交通安全協議会・区立中学校卒業式

2019年3月21日

20日は葛飾区立中学校の卒業式。私は四ツ木中学校に伺いました。素晴らしい晴天のもと2学級、82名の生徒が晴れやかに巣立っていきました。誠におめでとうございます❗保護者の皆様、本当におめでとうございます❗

午後からは、ウィメンズパルで開催された葛飾区交通安全協議会に委員として出席。2019年春の葛飾区交通安全運動実施要領、葛飾区交通安全日実施要領について説明を受け、質疑応答を行いました。

私は先日、「歩きスマホ」で危険な場面に遭遇した区民の方から、何か対策はないか、とのご相談を受けました。歩きスマホの歩行者が視覚障害者にぶつかり、視覚障害者は転倒、歩きスマホの歩行者は逃げたそうです。一歩間違えれば命に関わる事故につながる可能性がありました。
道交法改正により、ながら運転(車、自転車)については取り締まり対象になりましたが、歩きスマホは規定はなく、個人のマナーに任されています。
私は、そのお声を通し警察として歩きスマホについて現在取り組んでいることはあるか伺い、区民に注意喚起を促す対策をしていただきたいと要望しました。
機会を捉え、駅の駐輪場や駅構内などに注意喚起を図るポスター等掲示物など、できることから進めて頂きたいと思います。私は積極的に推進していきます。

液体ミルクが店頭販売開始

2019年3月15日

常温で保存、災害に役立つ「乳児用液体ミルク」が11日、江崎グリコから発売されました。

議員仲間から頂き、早速試飲させていただきました。区議会ではこれまで、液体ミルクを防災備蓄品として加えることや、その活用方法などの普及啓発を区として実施するとことなど、議会全体で要望してきました。

私は3月4日の予算総括質疑に立ち、防災・減災対策の一つとして、妊産婦・乳児救護所の設置を求めました。また、液体ミルクの使用方法など広く周知する工夫と、備蓄を保管という視点を加味した備蓄とするよう提案。液体ミルクの市場での普及により各避難所にも最小限の備蓄をすることと、備蓄品を収納する部屋に空調機の設置も要望しました。

理事者からは、青戸保健センターと金町保健センターを妊産婦・乳児救護所として位置付けるとの答弁をいただきました。

今後も機会あるごとに、様々な視点から防災・減災の施策を提案、言及してまいります。