ゲートキーパー講座を受講

2022年12月1日

本日、かねてより受講を希望していたゲートキーパー講座(@ウィメンズパル)を受講しました。(かつしか区民大学講座)

講師はNPO法人メンタルレスキュー協会 MRシニアインストラクターの小野田奈美先生。

ゲートキーパーの役割は気づき、傾聴、つなぎ、見守り。

本日学んだことを大切にしていきたいと思います。m(__)m

保田しおさい学校へ

2022年11月23日

今期前半は区の監査委員として、学校監査で小中学校に伺っています。22日は、千葉県鋸南町にある葛飾区立保田しおさい学校にお邪魔しました。
海が間近にあり、自然に恵まれた素晴らしい環境です。
元々は養護学校としてスタート。肥満や喘息、虚弱の児童が心身ともに健康になるために、親元を離れ勉強や運動をし、寄宿舎での生活です。現在は医療の進歩により、以前よりもかなり児童数は減少しています。
費用対効果の視点では、存続にかかわる意見も出てきますし、平成15年にはあり方検討会も行われてきました。また、他区では、設置していた学校を閉鎖したり、あり方を変更したところもあります。子どもが置かれた環境によって、保田しおさいが持つ教育環境が必要なお子さんはまだまだいるであろうと思います。

監査のあとは、地元野菜や漁港で捕れたお魚を使った給食を頂きました。健康な体を作る、美味しくてホッとするメニューでした。(357円)

DSC_4511
DSC_4737
DSC_4740

鎌倉小学校70周年記念式典、西新小岩5丁目防災訓練、東立石地区センターまつり

2022年11月13日

文教委員という肩書きのお陰で、区内の学校の周年行事に参加させて頂いております。昨日は鎌倉小学校創立70周年記念式典に伺いました。地域、学校の特色、校舎、校歌等々。私にとって新しい気づきがあり、新鮮です。
本日は青空の下、モンチッチ公園にて西新小岩5丁目町会主催の防災訓練に参加。ちい防の放水訓練、起震車、火災を体験できるVR、AED訓練、マンホールトイレ等、参加者が全ブースを体験しました。
起震車で、震度7の揺れを体験しましたが、テーブルの脚を握りしめても揺れで体が転がりそうでした。身を守るのに、個人的にはもっと体力をつけなければ、と実感💦やはり、日頃からの備えが大切ですね。

また、東立石地区センターまつりの展示に伺い、皆様の力作を楽しく鑑賞しました。

DSC_4672

ポニースクールかつしか 開設40周年記念式典

2022年11月6日

本日は文教委員として、ポニースクールかつしか開設40周年記念式典に出席。
区制施行50年の記念事業として開始されてより40年とのこと。これまでの利用者数は約150万人。視察や見学、取材も多数。公益財団法人ハーモニィセンターが事業を実施しています。記念誌を拝見し、この事業が本区にとって多くの実績を築いてきたものだと改めて認識しました。

式典では、馬頭琴の演奏、スーホの白い馬の朗読、楽器演奏、木馬軽乗演技などが披露されました。

こども達の為の施設としてこれからもよりよき事業となることを願うものです。

区政施行90周年、四つ木小・中改築 地域説明会

2022年11月1日

10月31日、葛飾区制施行90周年記念式典が行われ出席しました。(@かつしかシンフォニーヒルズ モーツァルトホール)葛飾区の発展に貢献されている各種団体の皆様が表彰されました👏

夜は『よつぎ小学校・四ッ木中学校改築のための基本的な考え方(案)』についての地域説明会が行われ、傍聴しました。(@四つ木地区センター)よつぎ小・四ッ木中の一体整備として、北側校舎案で進めていくことが示されました。

DSC_4530

わくわくチャレンジ広場 in川端小

2022年10月20日

18日、川端小学校のわくわくチャレンジ広場を視察しました。
わくチャレが始まって20年、葛飾区では、地域の方々が地域の子どもたちを見守り続けています。
時代と共にスタッフの確保に課題もあります。川端小は昨年から民間委託を入れて、地域のわくチャレスタッフと共に放課後の子ども達を見守っています。
役割分担など協力し合い、とても良いバランスで運営をされていると感じました。放課後、子どもたちも元気に集ってきました☺️
放課後支援のあり方や課題についても勉強させていただきました。

また、新装となった学校図書館(学習センター)を見せていただきました。2つの教室を改装し、一つには新品の机と椅子が配され、明るく、落ち着いた空間です。自学自習の場として子どもたちに大いに活用していただきたいと思います。

DSC_4362
DSC_4359
DSC_4364
DSC_4365
DSC_4367
DSC_4366

第17回全日本フロアホッケー競技大会@葛飾

2022年10月17日

エフピコ杯第17回全日本フロアホッケー競技大会。15・16日に奥戸総合スポーツセンター内で3年振りに行われました。

フロアホッケーは、障害の有無や性別、世代を超えて誰でも楽しめる競技です。本区ではフロアホッケーの普及に努めています。今大会は全国から19チームが参加。久しぶりの開催に、大いに盛り上がる大会となりました。

私は15日の開会式に出席、競技を観戦しました。
日本フロアホッケー連盟の理事長に就任された増田明美氏のご挨拶もありました。

私は日頃より障害児の育成に長年取り組まれ、フロアホッケーの普及に努めるきさらぎの皆様方から様々ご指導をいただいています。私の立場でフロアホッケーの普及を通じインクルージョン社会の構築を推進していきたいと思います。

DSC_4346

第3回区議会定例会が閉会

2022年10月13日

9月13日~10月13日の会期で行われた定例会が閉会しました。

今定例会では令和3年度の決算審査が行われました。保育園補助金の算定相違についての区の対応が二転三転し、区民への信頼を損ねる事態ともなり、決算の認定にあたっては、議会全員の賛成により、附帯決議がなされました。

また、中間本会議では教育長の同意方もあり、現教育長が再任されました。

「家族介護者ほっとあんしんダイヤル」始まりました☺️

2022年10月4日

10月1日から、家族の介護のお困り事を相談できる「家族介護者ほっとあんしんダイヤル」が始まりました。(毎日8時30分から24時)区役所閉庁時間、休業日にもつながります。

私は平成31年3月の定例会、令和2年の11月の定例会で、切れ目のない高齢者支援の必要性から、日曜、年末年始など長期休業中に介護の相談ができる早期の仕組みの構築と周知を求めてきました。
この度開始となった、高齢者の介護に限らず「家族介護者」の相談をいつでも受けてくれる体制ができたことは大変に評価しています。

家庭で介護をしていらっしゃる方の不安やお困り事を受け止め、寄り添い、具体的な支援につながる「あんしんダイヤル」としてご利用していただきたいと思います。

ご案内チラシ、家族介護者のための支援をまとめた冊子も作成中とのことです。

東京防災学習セミナー 四つ木3町会若宮町会

2022年10月2日

10月1日、お世話になっている四つ木3丁目若宮町会で、東京防災学習セミナーが行われ参加。
東京都総合防災部による水害リスクに対してとるべき避難行動の新たな周知方法「我が家の水害リスク診断書」についての説明がありました。
こちらの町会は荒川沿いにあるため、水害時のリスクが高い地域に位置します。周辺には垂直避難の助けとなりうる高層建物もほとんどないため、どのような避難行動をとるのかについて、より多くの住民の方々の理解促進が大切だと私も常々感じています。
セミナーの講師である防災ネットワークプランの井上先生からは、水害時に我が家はどうなるのかイメージすることが大事である趣旨のお話しもあり、改めて我が身に当てはめて、具体的な自助の行動を考えていく必要性を感じたところです。
今回の東京都の事業「我が家の水害リスク診断書」が、区民の命を守るために、より区民目線に立ったものとなり効果的な活用が図られることを要望したいと思います。