葛飾区ハザードマップ説明会@東四つ木地区センター

2021年6月12日

12日午前10時から東四つ木地区センターで、葛飾区ハザードマップの住民説明会が行われ参加しました。

東四つ木地域は、荒川の下流域に位置しています。区ハザードマップによると、100年に1度の豪雨の影響により、荒川、中川、江戸川のどの河川が氾濫しても浸水する地域であることが示されています。マップには何階まで浸水するのかを分かりやすく示しています。河川の氾濫で浸水の危険がある場合を想定し、自宅の位置や浸水の可能性を理解しておくことで、いざというときにどのような避難をしたらよいのかを事前に考えておくことができます。

2年前の台風19号では、区内全域の小中校で避難所の開設をし、約1万9千人の方が身を寄せました。幸い、被災した方は一人もいませんでした。例えば3階以上にお住まいの場合は、浸水しないので、避難する必要がありません。避難所に全員が行かなければならないということではなく、必要な人が行く所であり、行くことは避難行動の一つで、避難所はその選択肢の一つなのだと理解しました。自宅の正しい情報を入手しておくことで、避難行動が決まることがよくわかりました。

また、特に台風が過ぎた後、河川の水量を見に行くことは大変危険です。上流で氾濫した場合、時間をかけて下流に来ます。台風が去った後に増水するので、川に近づかないようにしてください、との話もありました。

既に全戸配布されているハザードマップを、今一度ご確認いただきたいと思います☺️

また、防災行政無線が聞こえづらいとのお声が多く寄せられます。ボリュームを最大にしても風向きなどで全域に均等に伝えるには限界があります。そこで、放送内容を知ることができる「かつラッパ」をダウンロードしたり、ラジオ、葛飾区ホームページを確認、区安心安全メールを登録するなど、多様な方法で情報を得ることができます。多くの区民の方にご利用いただきたいと思いますm(__)m

葛飾区議会第2回定例会が始まりました❗️

2021年6月10日

6月7日より第2回定例会が始まりました。(~23日まで17日間)初日、2日目は8人の議員から区政一般質問がありました。9日からは常任委員会が開催。まず初日は私が委員長を務めさせていただいている保険福祉委員会が行われましたので報告致します。

補正予算に係る報告について

①コロナに感染した高齢者、障害者に介護サービスを提供する事業者に対して、職員の特殊勤務手当て(1日あたり5000円)、宿泊手当て(1泊あたり5000円)を助成します。

②低所得の子育て世帯(ひとり親世帯以外)に対して、児童1人当たり5万円を支給します。(令和3年度分住民税均等割非課税または、同等の家計急変者)支給開始は7月以降となります。

コロナの対応状況について、発生状況、相談件数、PCR検査実施状況などの報告がありました。

また、ワクチン接種状況(6月6日現在)の報告では、高齢者等の接種実績は、1回目41265人、2回目4907人。高齢者等の1回目接種率は34.7%です。(東京都25.7%)ちなみに葛飾区の高齢者人口は12万人弱です。

今後は、申請があった64才以下の高齢者施設従事者、基礎疾患のある方へ6月16日に接種券を発送します。また、一般の方へは6月下旬に順次発送予定で、接種の予約は7月に段階的に時期をずらして行うことを考えている、との答弁がありました。

委員会では請願、子ども未来プラザガイドライン改訂、令和3年度保育所等在籍状況など、18件について審議が行われ、各委員より活発な質疑が交わされました。

葛飾区合同水防訓練

2021年5月29日

5月29日、葛飾区合同水防訓練が堀切水辺公園で行われました。

例年であれば、荒川に近接する町会、自治会の区民の皆様にもご協力いただいて行っていますが、コロナ感染拡大防止の観点から、関係機関のみでの実践型訓練となりました。

京成線の越水を防ぐため、実際には線路下1メートルに河川水量が達したら、京成線を止め、水防対策をするものです。それを想定し、京成線軌道内で設置予定の大型水のうの設置、ポンプ稼働及び、積み土のう訓練が行われました。

線路を平らにするための積み土のうは、京成線の仮線路を使って行い、本会場にリモートで中継されました。(約20分)

また、積み土のうの上に設置する水のうは、1本約3トンの水のうを3段計6本を積みあげるもので、約43分で完了しました。

また、訓練の様子をドローンを使って上空から撮影し、配信されました。

風水害に強い防災都市づくりという本区の喫緊の課題に対し、本日の実践的な訓練がいざというときに生かされることを望みます。

認定NPO法人フローレンスさん(多胎児家庭の支援について)

2021年5月24日

21日、認定NPO法人 フローレンスの市倉加寿代さん、福田一友さんが区役所の会派控室にお越しくださいました。

フローレンスさんは、病児保育や障害児保育のほか、子育て支援の活動を積極的、多角的に展開され、実績のある会社です。

葛飾ではこの4月から「ふたごちゃん、みつごちゃん」のご家庭を支援する3つの事業(移動をサポート、家事をサポート、育児をサポート)が始まりました。その一つに、「育児をサポート」するベビーシッターによる一時預り利用支援事業があります。フローレンスさんは、ベビーシッターを活用した多胎児家庭に特化した支援(ふたご助っ人くじ)を展開しています。今回、多胎児家庭が抱える困難や課題などについて、直接お話しを伺うことができました。

フローレンスさんが行った多胎児家庭の困り事に関するアンケートの回答には「外出が困難で引きこもりがちになる」「手が足りない」「自分だけで双子をみていると気が狂いそうになる」など切実な声が寄せられたそうです。

また、多胎児の親は極度の疲労のため、行政のホームページを検索し、自分が使えるサービスを探す余裕も、窓口に行くことも出来ず、「情報弱者」になりやすいということもお聞きしました。

そのような中、本区でも始まった東京都ベビーシッター利用支援事業を活用すれば、年288時間まで保育料が実質無料となります。

必要なご家庭に情報を届けるためには、利用者を待っているのではなく、積極的なアプローチが必要であることを認識しました。m(__)mこのような保育サービスをどんどん使っていただき、穏やかに、安心して子育てできる環境を広げていけるよう、周知の必要性を強く感じています。効果的な事業となるよう、推進してまいます✨

東京かつしか赤十字母子医療センターが開院します!

2021年5月16日

東京かつしか赤十字母子医療センターが完成し、6月1日に開院の運びとなりました。開院に先立ち、施設内覧会が行われ、内覧させて頂きました。

新病院では、コンセプトを「和レトロ」とし利用者にとって懐かしくやさしい施設、職員にとってはモチベーションを高める環境作りなどに配慮しているとのこと。ホスピタルアートが随所に施されており、その一つ一つに病院が目指すものを表現していることを感じました。1階待合室のソファは災害時のベッドとなる仕様、壁面の素敵な絵を外すと、災害時に酸素吸入できる機材が収納されているとのことです。

病院内はスマホで診察の呼び出しなど可能で、患者さんは自由にお待ちいただけるとのことで、最新の設備に驚きました☺️

陣痛室、分娩室や病室なども拝見し、出産したときのことを思い起こし、改めて出産は大仕事だったこと、新たな人生のスタートだったことを確認できました☺️

日赤は1953年に開設以来、周産期医療に特化した病院として地域に根差した存在です。

母子とその家族に寄り添うセンターとして新たな歴史のスタートとなります。私は議会でこれまで産前産後の切れ目のない支援「ネウボラ」を推進してきた一人として、安心して子育てできる環境整備に取り組んで参りたいと思います☺️

また、併設のにいじゅく地区図書館が6月2日にオープンします。産院内の特色を生かして、三石院長の推薦図書のコーナーをはじめ、親子で絵本を楽しめる空間です。一般書籍もあります。是非お越しください😉

DSC_2804

葛飾区議会臨時会で一般会計補正予算第2号が成立

2021年4月22日

4月21日、葛飾区議会臨時会が開催され、令和3年度葛飾区一般会計補正予算(第2号)が決定しました。

💡内容は、新型コロナウィルス感染症による影響が長期化する中で、低所得のひとり親世帯に対し、子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯分)を支給するもので、児童一人当たり一律5万円が支給されます。

4月分の児童扶養手当を受けている方は申請不要で、5月10日頃、口座に支給されます。(案内文が送付されます)

🔎詳細については広報葛飾4月25日号、区ホームページなどをご確認ください。m(__)m

ぶなの樹主催の映画「道草」、講演が行われました

2021年4月11日

本日は、ぶなの樹主催の映画「道草」上映と講演会がエイトホールで行われ、出席させていただきました。
「道草」は自閉症と重度の知的障害をもつ人達が、家族と離れ介護者付きのひとり暮らしを送る様子をありのままに伝えるドキュメンタリーです。
映画の後は、出演者の父親でもある、早稲田大学教授の岡部耕典氏による講演「障がいをもつ子供の将来の自立生活を考える」をお聞きしました。
重度の知的障害者の自立生活に至る経過や介護の利用、生活状況や、金銭に関わることなど、体験に基づく具体的なお話しをお聞きできました。家族から離れ、自立生活が実現できる、そのための介護者の支援があるという考え方に大変に感銘、触発を受けました。m(__)m

障がい者生活介護事業所がオープン

2021年4月2日

4月5日にオープンする、障がい者生活介護事業所「スプラウト柴又」に伺い、オープン前に内覧させていただきました。

生活介護は定員30名、短期入所は定員6名です。知的・身体の障がいを問わず、重度と言われる方を中心に受け入れることを目指しているとのことです。

2階建の1階には利用者の作業室があり、可動式間仕切りで5つのスペースに分けられるようになっています。障害の特性に応じた作業ができるよう、柔軟な仕様としていました。また、入浴には、機械浴と一般浴に別れており、最新の機械が配置されていました。

2階フロアは生活介護の食堂と、短期入所施設が配されていました。食堂の窓からは江戸川土手が見え、解放感を感じました。

施設の見学の方も次々に来られており、求められている施設であることを改めて感じました。軌道に乗るまでご苦労がおありだと思います。是非とも利用される方に満足していただき、地域に愛される施設として根づいていってくださるよう願っています☺️

東立石保育園 内覧会

2021年3月29日

東立石保育園の内覧会に伺いました。

東立石4丁目の立石保育園は、この度、民設民営となり竣工、4月1日より開園します。

本日内覧会が行われ、施設にお邪魔しました。
保育園のある地域は木密地域であり、さらに、中川に近接し、水害対策が重要です。その点から、非常時には「地域の砦」を担えるよう備えることと、常時はその構造等を園児の発育や遊びに生かすことをコンセプトにしていました。
各専用室には木の温もりが感じられ、子どもの成長に応じて設えやおもちゃも工夫されていました。最新の設備を備え、デザインにもこだわりが感じられ、屋上デッキからは中川の対岸、スカイツリーも見えます。
大事な未来の宝である葛飾の子ども達がすくすくと育ち行く新たな場所として期待しています。

DSC_2701
DSC_2702

令和3年第1回区議会定例会が閉会

2021年3月26日

2月16日より始まりました令和3年第1回区議会定例会が本日閉会しました。

今定例会は4月より執行される一般会計予算、国民健康保険特別会計、後期高齢者特別会計、介護保険特別会計、駐車場特別会計について審議を行い、本日、賛成多数で可決、成立致しました。

令和3年度の一般会計総額は1994億2千万円で、前年比54億9千万の減、マイナス2.7%となりました。

歳入面においては、新型コロナウィルス感染症拡大による景気の落ち込みが懸念され、それを踏まえ編成され、約64億円の減収を見込んでいます。こうした中、区民目線からの事務事業の見直しなどを図り、区民サービスの低下を招かないための引き続きの努力を求めました。

歳出面では、待ったなしの新型コロナウィルス感染症への対策、地域経済を支えるための事業や、コロナ禍で区民サービスを円滑に行うために行政におけるデジタル化の推進など新たな課題に対応するための予算が計上されています。また、予算執行にあたり、財政調整基金の弾力的な活用などで編成されました。あらためて、新型コロナワクチンの円滑な接種のための体制構築、防災、子育て、福祉、教育など区民の生命と財産を守り、新しい生活様式に応じた事業の展開を求めます。

また、本定例会に、令和3年度一般会計補正予算(第1号)が提出され、全会一致で可決、成立しました。補正額は37億4830万7千円で、コロナ対策に係るもので、国、都の補助金と区の財政調整基金からの繰入で編成されました。

内容としては、一つは福祉施設や子育て施設職員、教職員、飲食店関係等の従業員へのPCR検査の拡充、高齢者、基礎疾患のある方へのPCR検査の負担軽減です。二つ目は、ワクチン接種のためのコールセンターや接種体制構築に係るものです。三つ目は、東京都の出産応援事業に関して区が担う業務の費用です。

コロナ対策に係る事業が効果的に実施され、しっかりと支援が行われるよう注視してまいります。